精神科 看護師 新卒

MENU

精神科の看護師は新卒でも大丈夫?

精神科は、一般病棟に比べて若干特殊な職場であると言えます。
目に見える病気や怪我というわけではなく、心の病を癒す場所として設置されていますから、看護のスタイルも一般病棟とは異なるものになります。
新卒の新人看護師が精神科で勤務することに対して、不安などを感じることも多くあるでしょうが、逆に、新人だからこそ精神科で働くことは、これから看護師として働き続ける上で必要なスキルを身につけることが出来るともいえます。

 

精神科看護師で最も気をつけなければいけないのが会話の内容になります。
精神疾患を患っている患者の多くは、何気なく発した単語に過度に反応することがあります。
そのため、対話の際にはNGワードなどをしっかりと把握し、患者の話をしっかりと聞いて、受け答えをする必要があります。

 

様々な業務に追われる一般病棟看護師では、患者との対話などをする機会も多くはなく、コミュニケーション能力を鍛える時間はそれほど多くはありません。
その点、精神科看護師では、患者とのコミュニケーションを取ることも仕事の一つとなっているため、自身のコミュニケーション能力を鍛える格好の職場となります。

 

特に新人は、コミュニケーションを取るよりも業務に追われることが多いですが、コミュニケーション重視の職場で先に鍛え、ある程度の経験をしてから、病棟看護師への転職などをしたほうが、スムーズに業務を行う事が出来る場合もあります。

 

実際、検温などの際には患者と対話をして、変化や違和感などを感じる必要があります。
そのためにも観察力やコミュニケーション能力を高めておく必要がありますが、精神科看護師を経験していれば、小さな変化も感じることが出来るようになりますので、看護師としての基礎スキルは高い状態で勤めることが出来るようになります。

 

非常に困難な職場と考えがちですが、想像している以上に精神科看護師の職場は落ち着いた雰囲気になっています。
同僚や先輩看護師もギスギスした雰囲気はなく、ゆったりとリラックスした感じでいる事が多いため、看護師という仕事に慣れる意味でも新卒新人看護師が精神科で働くことは後々有利になっていくでしょう。

 

 


 

≫≫精神科へ好条件で転職する!失敗しないポイントは?