精神科 看護師 やりがい

MENU

精神科の看護師のやりがいとは?

看護師を目指している方も多くいるでしょう。
これから看護師資格を取得して、自分がどの診療科を目指すべきかを悩んでいる方もいるかもしれません。
また、転職を視野に入れて様々な診療科について調べている方もいるでしょう。
外科などのように一見華やかではないにしても、非常にやりがいのある仕事として精神科があげられます。

 

体験談などでは、精神科看護師が出来ることはないなどと目にしますが、精神科看護師がやるべき事は実は山のようにあります。
患者との距離を保ちつつ、患者の心のケアをする。
それが何より優先されるべきことですが、何より、精神科看護師として過ごす日々は、一般病棟の看護師では得られることのないやりがいを感じることが出来るというのも精神科看護師のいいところでしょう。

 

病棟看護師のように病気や怪我に苦しむ患者をケアするということはなく、精神的に患ってしまった方の看護であるため、外見的な治癒などをはっきりと確認する事は出来ません。
しかし、日々の対話を繰り返すことで、患者が心に余裕を持ち、病状が少しずつ回復しているということを間近で感じることが出来ます。
自分が患者を癒しているという実感を得ることが出来るというのは、何よりもやりがいに感じることでしょう。

 

通常の怪我や病気であれば、医師が診断し、医師が治療を行いますが、精神科看護師は、対話や患者と直接触れ合うことで治療に参加し、患者の経過を見守ることが出来ます。

 

最初は体を動かすことを嫌っていた患者が、長い時間を過ごす中でレクリエーションや買い物などに参加するようになった、外側から見ればたったそれだけのことでも、心がぐっと快方に向かっていることが分かります。
そのため患者が完治し、退院などになった際には自分のことのように嬉しいものです。

 

仕事におけるやりがいは個々人の感性や感覚によっても変わってきますが、精神科看護師のやりがいを感じることが出来るかは、実際に働いてみなければ分からないものです。
人を選ぶ仕事とも言われますが、選ばれた人は、日々を充実した時間を過ごすことが出来るはずです。

 

 


 

≫≫精神科へ好条件で転職する!失敗しないポイントは?