精神科 看護師 給料

MENU

精神科の看護師の給料について

精神科の仕事は一見すると地味ながらも、非常に大変な仕事になります。
また、世間一般で精神疾患に対する偏見などもあり、時に差別や虐待と言ったニュースも少なくはありません。
そのため、精神科の看護師は一般病棟の看護師に比べて、負担が大きくなることも少なくはなく、給料面でも一般病棟より優遇されていると勘違いしてしまう方も多いようです。
しかし精神科の看護師の給料は、一般病棟の看護師と比較しても大差ない程度の給料となっています。

 

地方によって多少の差異はありますが、精神科看護師の平均的な月給は日勤のみで手取り20万円前後、夜勤を含めれば23万円前後と言うのが一般的であるようです。

 

ボーナスも加味すれば、新人看護師の年間収入は300万円前後と言ったところでしょう。
経験年数や資格などによっても多少の変化はありますから一概には言えませんが、一般病棟看護師と比較しても、それほど高い給料であるとは言えません。
むしろ、給料面だけを考えるのであれば、夜勤や残業手当の充実している一般病棟の看護師の方がいいかもしれません。

 

給料面だけで考えれば、精神科看護師はそれほどに優遇されているわけではありませんから、精神科看護師を続けるメリットは低いと考えてしまいがちです。
しかし昨今、精神疾患への認知は広がり、精神科の重要性も周知されるようになってきています。
ストレス社会と言われる現代社会では、いつ、誰が精神疾患を発症するかが分かりません。
その時、ケアする事が出来る精神科看護師の存在は、とても貴重なものとなります。

 

精神科看護師は、給料面で考えるよりも、社会への貢献、社会への重要度で考える方が賢明といえます。
自分が精神科で働き、精神疾患を患う患者をケアすることで救われる患者が多くいる。
そのやりがいや達成感を感じ、それを誇りと感じることが出来るれば、精神科看護師をとして長く働くことができるでしょう。

 

病院によっては、精神科の看護師には給与に危険手当をつけるところもあるので、それがある場合は少しは給料が高くなることはあります。

 

 


 

≫≫精神科へ好条件で転職する!失敗しないポイントは?