精神科 看護師 辛いところ

MENU

精神科の看護師の辛いところ

怪我や病気などの場合、患者が痛みや苦しみなど苦痛を訴える事が出来ます。
しかし精神疾患の場合、目に見える、理解出来る苦しみと言うものがほとんどないため、周囲の健康な人間は患者本人の苦しみを本当の意味で理解する事が出来ません。

 

看護師として働き、精神科を担当しているのであれば、そのことは十分に分かるでしょう。
これから精神科で働くというのであれば、その事を理解しておかなければいけません。

 

精神科の看護師の辛いところは、患者の苦しみを十分に理解する事が出来ない、というところがあげられるでしょう。
その疾患や看護を理解して知識のある看護師にも、精神疾患を患っている患者の苦しみは理解が出来るかといえば、必ずしもそうではありません。
推測は出来ても、本当の意味で苦しみや苦悩を理解することは出来ませんから、十分な観察やカンファレンスが必要になってきます。

 

よく聞く精神科看護師の悩みや体験談などには、入院患者や外来患者に対して看護師が出来ることが何もないというのが辛いという話を聞きます。
実際に診療を行い、治療の方針を出すのは医師の仕事ですが、看護師の仕事は、その背景を理解して必要な治療をきちんと行なっているかの確認をし、日常生活のサポートを行う、そういった仕事がメインになります。
入院患者の場合には薬を服用しているか、バイタルは安定しているか、隠れて危険なことをしていないか、そういう風に患者の十分な観察をすると言うのが精神科看護師の仕事です。

 

すぐにどうにかしてあげられない、これが精神科看護師の辛いところでしょう。
患者とともに数年にも及ぶ長い時間を治療のために過ごす必要があるのです。

 

しかし、看護師として何も出来ないからこそ、出来ることも見えてきます。
治療の手伝いなどをする事が出来ないのは辛いところですが、その分、患者と対話をし、患者と心を通わせることで、患者の心を少しずつケアすることは出来ます。
精神疾患は心の病ですから、心を癒すことは治療に役立ちます。

 

自分には何も出来ることはないから辛いと考えるのではなく、出来る事がないからこそ、自分が出来ることを探してケアしていく心がけが必要になってきます。

 

 


 

≫≫精神科へ好条件で転職する失敗しないポイントは?