精神科 看護師 業務内容

MENU

精神科の看護師の業務内容

精神科の仕事は、一般病棟の看護師に比べて少々特殊な業務内容といえるでしょう。
主に入院患者のケアをすると言う意味では一般病棟の看護師と同じですが、そこで行う業務は一般病棟の看護師とは違った仕事になります。

 

第一に必要になってくるのは、薬に対する知識
精神疾患を患っている患者の多くは様々な薬を服用し治療を行なっています。
必要な薬の数は多く、それら全てを把握していなければ患者が薬を飲んだかどうかを確認することも出来ません。
そのため服薬の管理と言うのは、精神科看護師の大切な業務の一つといえます。

 

次に必要になってくるのがコミュニケーション
精神疾患を患っている患者に必要なのは、心のケアになります。
一般病棟のように肉体的なケアは必要なく、患ってしまった心をいかに癒すかが重要なポイントになります。
対話をすると言うのも精神科看護師の重要な仕事です。
コミュニケーションを取ることで治療ができるわけではありませんが、疾患を理解して適切な看護を行うこと、これは非常に重要なことです。

 

身の回りのお世話
患者によっては、自己管理をする事が難しいという方もいます。
そうした方のお金の管理や買い物の代理、セルフケア(入浴、トイレ、整髪、髭剃り)などを介助、支援するというのも精神科看護師の仕事です。

 

また、生活リハビリの一環としてレクリエーションへの参加も必要になります。
リハビリには、個人で取り組むリハビリと、集団で行うもの、社会性を身につけるためのものなど、その種類は様々です。

 

単純に精神科看護師の仕事は楽、難しいことなどないと軽く考えている方もいるかもしれませんが、奥が深く、やりがいのある仕事でもあります。
患者に対して距離の取り方がしっかりと出来ていなければ、患者の心理に共感しすぎてしまい、精神的にストレスを感じる方もいるかもしれません。
そのため、精神科看護師には、患者との距離感をしっかりと把握するというのも重要な仕事の一つということができます。

 

 


 

≫≫精神科へ好条件で転職する!失敗しないポイントは?