精神科 看護師 求人

MENU

精神科の看護師は不足しています。

精神科の看護師は人手不足のため、多くの病院が人手を欲しがっているというのが現状です。
一般の病院の患者さんと違い、精神科の場合ケガや疾患などはっきりと目に見える症状がないために、他の科の治療とは違うものが求められます。
精神科の看護師業務で一番大切なことは、目には見えない「心のケア」をすることときちんと把握することです。患者との距離を保ちつつ、患者の心のケアをすること。安易な声掛けや励ましよりも、患者のことを知り正しい接し方を知る必要があります。焦らず気長に根気よく患者に寄り添う姿勢が大切です。

 

現代の社会では、ストレスも多く精神的に疲れている人や苦しんでいる人も非常に多いです。そうした社会的にも必要性の高い精神科や心療内科は、それだけ、社会に大きく貢献することになるため、やりがいも大きいです。

精神科で働きたい!看護師求人の情報はどこで見つかる?

 

 

看護師の資格を持っていても、どの病院、どの診療科を目指すかで就職先も変わってきます。
とりあえず看護師として働ければいいというのであれば、一般病棟看護師を目指すことになりますが、精神科看護師を目指すという場合、通常の求人では見つけることは難しくなってきます。

 

慢性的に看護師の人手不足が問題になっていますが、とりわけ病棟看護師の人手不足は深刻な問題になっています。
そのため、病院側が求めているのは、主に一般病棟の看護師であることが多いため、精神科看護師の募集はほとんど目にすることはありません。
それでも精神科看護師を目指すという場合、ハローワークなどではなく、専門の求人サイトを見るといいでしょう

 

看護師専門サイトは強みがいっぱい
看護師専門の求人サイトであれば、様々な地方、診療科の仕事を探す事が出来るようになっています。
また、求人サイトであれば、自分から応募するのではなく、登録した後、条件などを掲載し、病院側からスカウトを待つというスカウト制を取り入れているところも多くあります。
数少ない精神科募集を効率的に探す方法としては、スカウト制は非常に便利な制度でもあります。
もちろん、求人誌やハローワークで探すことも出来るかもしれませんが、それらよりも看護師専門求人サイトを活用する方が、遥かに効率的に探す事が出来るはずです。


看護師転職に強い求人サイト

ナース人材バンク

 

 

精神科看護師の求人@お仕事内容と上手な病院の探し方

 

 

看護のお仕事

 

 

精神科看護師の求人@お仕事内容と上手な病院の探し方

 

 

 

 

ナースフル

 

 

 

 

 

 

精神科の看護師に必要な知識とは

看護師として働くにあたり、様々な知識が必要になってきます。
それらの知識は担当する診療科によっても変わってきます。
それぞれの診療科で必要な知識をしっかりと取り入れ、看護師としての仕事に役立てていく必要があるため、看護師の日々は勉強に追われる日々でもあります。

 

そんな看護師の仕事の中でも特に難しいのが精神科になります。
精神科を必要としている患者の多くは、見た目に分かるような病気はなく、内面的な疾患である事がほとんどであるため、怪我や病気のケアと言った看護よりもかける言葉などに対して特に気を払う必要が出てきます。
そのため、精神科を担当する看護師に必要になってくる知識も、病気や怪我などの知識よりも言葉の言い回しや対話の仕方などのコミュニケーション能力に関する知識が多くなってきます。

 

例えば、一般的に有名な話では、鬱病を患っている患者に「頑張れ」「やれば出来る」などの前向きな言葉は禁句とされています。
本人はこれ以上にないほど頑張っており、これ以上頑張ることが出来ないと言うところまで追い込まれているため、鬱病を発症することになります。
そうした患者に対し「頑張れ」などの励ましは逆効果になり、最悪、自殺などを誘発してしまう結果になると報告もあります。
ちょっとした会話の中のニュアンス一つで病状を悪化させてしまう可能性のある病気が精神疾患であり、精神科に通う患者となります。
そのために、疾患の理解というものも非常に重要になってきます。

 

精神科で勤務するのであれば、精神疾患がどのようなものであるのか、何が禁忌であり、何を必要としているのかと言うことを知らなければいけません。
さらに精神科看護を深く掘り下げるなら、精神科認定看護師の資格や精神保健福祉士の資格などは有用です。
いずれも精神疾患を患っている患者のケアに必要な知識を身につけることが出来るようになります。
身につけた知識を活かし、資格を取得することで自分の仕事の幅を広げることも出来ますので、資格取得を目指すというのも看護師の仕事の一つでしょう。

 

 

ストレス社会と言われる現代、企業で働くサラリーマンなどが鬱病を原因に悲しい結果になることもよくあります。
ニュースなどでも頻繁に報道され、精神疾患の存在が広く知られるようになっています。
これからますます精神科の重要度は高まっていくでしょうから、今から精神科看護師として働き、スキルを高めて患者のケアを十分に出来る能力を身につけておくことは、これからの時代を迎えるにあたって看護師にとっては必要な事といえます。
自分に何が出来るのか、自分が出来ることは何かをしっかりと理解し、自分に必要な知識やスキルを身につけることが出来れば、精神科看護師として十分に能力を発揮することが出来るはずです。

 

http://精神科看護師.net/

 


更新履歴